お風呂で美容フェイスラインマッサージ

化粧水二度つけで美肌

美肌作りにはとても関心が有り、いろいろな方法を試してきました。そこで私が経験上良かった方法をご紹介します。これは中でも一番簡単な方法です。ずばり、化粧水の二度つけです。夜のスキンケアに取り入れて欲しい方法です。
まず洗顔後のお風呂上がり、化粧水でお肌を潤わせます。十分に化粧水がお肌に浸透しましたら、次のスキンケアに進む前にもう一度化粧水をつけるという方法なのですが、二度目は一度目の時に比べて化粧水がすーっと素早く肌に吸い込まれていくのを実感できるはずです。角質層が開いていますので、二度目の方が吸収が早いのです、尚且つ奥の奥まで届きます。これだけです。このあとは普段のスキンケアをして終了です。
翌朝お肌がもちもちして弾力、ハリにきっと違いが出てきます。冬場は特にですが、夏場もぜひ実践してください。紫外線などでいたんだお肌の角質をたっぷりと潤してこそ、美肌は手に入るものなのです。まず、美肌作りにはなによりも水分が必要だと考えます。スキンケアの基礎中の基礎は水分補給です。そしてしっかりと保湿です。まずは肌にたっぷりと化粧水で水分補給しましょう。シートパックを使用してる場合は、シートパックの前に化粧水をつけます。こんな簡単なケアでも美肌は作れるのです。

肌がベタつく夏だからこそのスキンケア

夏場はお肌が汗で濡れていることもあり、しっとりしているからとついついスキンケアをさぼってしまいがちになります。

ところが夏場のお肌は紫外線の他に冷房の風が直接肌に当たるため、お肌が乾燥してしまう「インナードライ」になっていることもよくあります。

紫外線でお肌が傷ついてしまう時期だからこそ、しっかりとしたスキンケアでお肌を守りシミやシワの原因になる乾燥肌を解消する必要があります。

●夏場のスキンケア方法
夏場はお肌がベタつきがちになることから、化粧水だけのケアで止まってしまう方もいますが、夏のケアこそしっかりとしておかないと、秋にドッと肌疲れが出てしまうことがあります。

夏場にはこまめなケアは大切になりますので、簡単な方法から実践していきましょう。

1・汗をかいたらこまめにふき取り
夏場はどうしても汗をかいてしまいますので、こまめに汗を拭くようにしないと、汗の湿気で雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

汗をかいたらハンカチやタオルでこすらないよう、軽く押さえるように拭くようにします。

2・洗顔はほどほどにし、化粧水はたっぷり与える
ベタつく季節はこまめな洗顔が必要な気がしますが、あまりにも洗いすぎてしまうと、保湿のために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

洗顔は1日2回程度に留め、洗顔後にはしっかりと化粧水で保湿し、乳液をつけてフタをします。肌のベタつきが気になるようなら、ベビーパウダーを軽く肌に付けるとベタつきを押さえられます。

古い化粧品の良い使い方を見つけました

最近、使い古しの美容クリームの良い使い方を見つけました。
使用期限の切れたクリームでも使える方法です。
顔には使いません。
使うのは古い角質で固くなってしまった、かかとだけです。
私は使い古しの化粧品を沢山持っています。
化粧品を集めるのが趣味と言っても良いと思います。
それくらい私の部屋には化粧品が沢山あります。
新しい化粧品が発売されるとどうしても試してみたくなり買ってしまいます。
また、ネット通販の美容ショップなどでも気になる化粧品を見つけると私はすぐに買ってしまいます。
ひとつの化粧品を使い切る前に買ってしまうので中途半端に残ってしまった化粧品ばかりです。
改めて調べてみると使用期限の切れたものもありました。
捨てるのはもったいないので使い道は無いかと考えました。
使用期限の切れた化粧品なので顔には使う勇気はありません。
それで、かかとの角質ケアになら使用期限が切れた化粧品でも使えるかも知れないと私は思い立ちました。
試しに、お風呂から上がった後に使用期限の切れた美容クリームをタップリとかかとに塗り、靴下を履いて寝てみることにしました。
どうせ捨てるつもりのクリームでしたからタップリと塗りこみました。
すると翌朝、かかとを調べてみると角質が取れてキレイになっていたのです。
使用期限の切れた化粧品の良い使い道を見つけられたと思い私は嬉しくなってしまったのでした。

大阪の心斎橋にある美容クリニック【サクラアズクリニック】はボトックス心斎橋として有名なので、ボトックス注射を大阪で受けようと思っている方にオススメのクリニックです。

Update List

Trend News

目を瞑る女性

アラサーになりスキンケアが変わりました

前に会社の同じ部署の女の子たちとお風呂上りのスキンケアについていろいろと話をしたことがありました。 その頃、私はお風呂上りには特に何もしないまま寝てしまっていました。 その方が肌を休めることが出来そうな気がして良いと思っていたのです。 ちなみに当時の私の年齢は20代の前半でした…

綺麗な女性

美容クリームを使う際の私のこだわり

美容クリームは私たち女性にとって無くてはならない美容アイテムだと思います。 私も毎日のように美容クリームを使用しています。 皆さんにはきっと美容クリームを使う際に、こだわりや注意していることがあると思います。 私にもクリームを使う際に注意して必ず行っているこだわりがあ…

花と女性

ジェイソンマスクで美肌洗顔

「美肌の基本は、ていねいな洗顔にあると」最近座雑誌で読んだ私。それ以来、毎日のスキンケアの中で洗顔に一番の重点を置くようになりました。この“ていねいな洗顔”のときに欠かせないアイテムが、保温マスクです。洗顔前に保温マスクをつけることで、毛穴を開かせるのが目的です。この保温マスクは、通販サイトで800円…

女性の口元

美肌への近道?!私のお気に入りドリンク

昔から冷え性でむくみやすいのが悩みの種だった私。そんなとき、雑誌である女優さんがあるものを続けて飲むようになってから、冷え性が改善されてお肌も荒れにくくなったと話していました。これは私にピッタリ!と興味津々で読み続けていくと、その魔法の飲み物は白湯でした。それまでは、ただのお湯ではないかと半信半疑だっ…

目を瞑る女性

適度な仮眠で顔に疲労感を残さない

寝不足は美容にもよくなく、すぐに顔に出てしまいます。 目の下のクマやたるみ、またはむくみなどは、睡眠不足で疲れが良く取れていないことも多いようです。 疲労回復のために、ビタミン剤や栄養ドリンクなどを過剰に摂取してしまうと、その時は一時良い状態になりますが、あとでその疲労感の大…

綺麗な女性

スイカといえばアイチエイジング

夏場に出回るスイカ、日本では大玉のスイカはかなり高いし、当たりハズレもあるので好んで食べる果物ではありませんでした。 ところが留学で住んだ地域では子どもからお年寄りまで大好きな果物といえばスイカでした。 しかも旬の時期には大玉のスイカが日本円で200円位で買えるとなると思わず買ってしま…

花と女性

お風呂でフェイスラインマッサージ

最近、お風呂でフェイスラインマッサージをやっています。 太っていなくてもあごが小さくて、2重あごになるタイプの顔なので、いままで見て見ぬ振りをしていましたが半身浴も兼ねてやることにしました。 たまにふとエスカレーター等の鏡をみたときに、「おっ!」という効果が出てきました! …

女性の口元

これからは近赤外線対策も必要になる

気温が上がってくると紫外線量が増えてくるので、女性の方は特に紫外線対策をして肌を老化から守ろうと努力しているはずです。少し前から話題にもなっていますが、紫外線よりも怖い近赤外線の方が肌の老化を進めてしまうのだそうです。太陽からの光に含まれる熱エネルギーは紫外線が10%で近赤外線…